口座凍結はソフト闇金が原因?凍結理由と対策方法を解説

ソフト闇金を利用したら、使っている銀行口座が凍結されてしまったなんて話をよく耳にします。

銀行口座が凍結されてしまうと、今まで普通に使えていた入出金や振り込みなど、全てのサービスが使えなくなってまいます。

さらに、凍結された銀行口座の情報は「預金保険機構」という機関により加盟している全ての銀行に共有され、ほぼ全ての銀行で新規開設や諸手続きが出来なくなります。

口座凍結に関しては、時間がたてば元に戻るといったものではなく、こちらから手続きを行わない限り「ある日突然使えるようになった」といった事はまずありません。

そこで今回の記事では、銀行口座が凍結されてしまう理由と、もし口座が凍結されてしまった場合の解除方法などについて詳しくご紹介したいと思います。

銀行口座が凍結!その原因はソフト闇金かも?

心当たりがないのに突然使っている銀行口座が凍結してしまったとしたら、その原因は"悪質なソフト闇金"を利用してしまった事が原因かもしれません。

悪質なソフト闇金の場合、返済者への過度な取り立てや、口座売買のトラブルなどにより、頻繁に警察の捜査が入っています。

もし、知らずにそのような業者を利用してしまった場合、ソフト闇金による口座の不正利用によって、あなた自身もソフト闇金業者の一味である疑いをかけられ、警察によってあなたの銀行口座を凍結してしまう場合があるのです。

実際に、当社を利用中のお客様でも『〇〇という業者を利用していたら突然銀行口座が凍結され、警察から電話がかかってきた』という話もよく聞きます。

もし、あなたがなんの心当たりもないのに、突然銀行口座が凍結されてしまった場合は、悪質なソフト闇金を利用した事が原因と考えてよいでしょう。

ソフト闇金の利用で口座凍結。その理由とは?

上記にて悪質なソフト闇金の利用による銀行口座凍結の話をしました。

では、具体的にどのような事が原因で銀行口座が凍結されてしまうかについて、詳しくご説明しましょう。

客振りによるトラブル

これからご紹介する『客振りによるトラブル』は、ソフト闇金を利用して銀行口座が凍結される、最も多い理由です。

そもそも客振りとは、闇金業者が自分の銀行口座を使わずに、新規で借入を希望する人と返済する人で直接お金のやりとりを指示する方法の事を言います。

例えば、5万円の借入を希望するAさんがいます。

同時に、5万円の返済予定のBさんがいた場合、闇金業者はBさんに『今からお伝えするAさんの口座に5万円振り込んでください。』と指示します。

これにより、闇金業者は一切自分の口座を使わずに、Aさんには5万円の貸付けを行い、Bさんには5万円の返済を完了させるのです。

しかし、もしこの闇金業者が悪質な業者で、Aさんを精神的に追い込み、Aさんが警察に通報した場合、真っ先に捜査されるのは、Aさんへ貸付金が送金された口座の所有者、すなわちBさんです。

その結果、Bさんの銀行口座は警察の捜査により真っ先に凍結されてしまいます。

実は、この『客振り』は、現在ほぼ全てのソフト闇金業者が利用しており、ソフト闇金利用者が口座凍結してしまう最も多い理由です。

口座転売による犯罪利用

『返済が大変でしょう。もし返済が厳しいようでしたら銀行口座を買い取りましょうか?』

ソフト闇金業者からこのような話を持ち掛けられたご経験はありませんか

ソフト闇金の中には、このように顧客から買い取った銀行口座を使い、貸付金の送金や返済金の入金先に使っている業者もあります。

しかし、中には悪質な業者もおり、顧客から低価格で買い取った銀行口座を、『オレオレ詐欺』や『振り込め詐欺』などの行為をする反社会的組織へ高値で転売している闇金業者も存在します。

万が一、このような悪質な業者へ銀行口座を売り渡してしまった場合、非常に危険なリスクを伴う事を知っておかなければいけません。

オレオレ詐欺や振り込み詐欺などの悪質な詐欺行為の場合、詐欺にあった被害者から必ず警察へ被害届が提出されます。

近年、詐欺犯罪へ対する警察の取り締まりは非常に厳しい為、もしそれらの犯罪にあなたが売った口座が利用されていた場合は口座凍結はもちろんですが、『犯罪による収益の移転防止に関する法律違反』により、あなた自身にも刑罰が下る危険があるのです。

銀行のシステムによる不正使用の検知

銀行口座が凍結されてしまうもう一つの理由として、『銀行のシステムによる不正使用の検知』があります。

これは、現在ほぼすべての銀行において導入されているシステムで、闇金業者や詐欺業者などによる銀行の不正利用を、システムが事前に察知して口座を凍結するシステムです。

闇金業者や詐欺業者などが利用する銀行口座は、短期間で不特定多数の口座へ送金や入出金が繰り返されるなど、個人利用としての口座ではありえないような取引が行われています。

このような以上な履歴がある場合、銀行側のシステムによって"不正利用に使われている可能性が高い"と判断され、自動凍結してしまうのです。

口座凍結されてしまった時の対処法について

これまで、ソフト闇金を利用した事による銀行口座凍結の理由についてご紹介してまいりましたが、ここからは、実際にソフト闇金を利用して口座が凍結されてしまった時の対処方法について丁寧に解説していきたいと思います。

悪質なソフト闇金業者を利用してしまい、銀行口座が凍結sれてしまった方はぜひご覧ください。

本人から直接銀行へ相談する

凍結されてしまった銀行口座を自分で解除する方法についてご紹介します。

銀行口座が凍結された場合、まずは凍結された銀行へご自身で電話して『どこからの要請により銀行口座が凍結されたか?』について確認をとりましょう。銀行はこの質問には素直に返答してくれます。

その後、該当の機関へ連絡し、口座凍結の解除を依頼しましょう。

もし凍結の要請が警察からあった場合は、該当の警察所へ連絡し『口座が凍結されてしまったので解除してほしい』と伝えるといいでしょう。

その際に、実際にそのソフト闇金業者と取引した銀行口座などの取引資料を持参し、顧客として利用した旨を証明できれば、闇金業者の一味という疑いも晴れ、口座凍結が解除されるという運びになります。

ただし、警察は闇金事案に関してはやや威圧的な態度をとる事がある為、依頼しても面倒臭がって対応してくれない事があるようです。

そのような場合は、以下に記載した『弁護士へ解除を依頼する』を実践する事でスムーズに口座凍結の解除手続きができる事があります。

ソフト闇金に詳しい弁護士へ解除を依頼する

銀行口座が凍結されてしまった際に最もスムーズな対処法は、ソフト闇金に詳しい弁護士へ口座凍結の解除依頼をする方法です。

銀行口座の凍結を解除する為には、疑いのある犯罪に加担していない『被害者である』事を、凍結した要請元に証明する必要があるのです。

これらの証明には、必要な書類や手続きなど少々複雑な対応が必要となるため、一般の方にとっては難易度の高いものとなります。

そのため、まずはお近くのソフト闇金や闇金事案に詳しい弁護士へ銀行の解除を依頼する事をおすすめ致します。

弁護士はこのような事案に慣れているため、スムーズに手続きを行ってくれるはずです。

ソフト闇金えびすは口座凍結件数0件!


当社ソフト闇金えびすでは、客振りや口座の不正利用、詐欺業者への転売等は一切行っておりません。 当社は、お客様とのご縁を大切にする事で、トラブルなくご利用頂ける環境づくりを徹底しています。 そのため、過去当社を起因とする銀行口座の凍結件数の報告は0件です。(2021年10月現在) 当社は、これからもお客様とのご縁を大切にし、お客様とのトラブルなく安心してご利用頂ける環境づくりを徹底いたします。 ソフト闇金えびすTOP